さあ中学受験!塾選び!

2016年度の駒場東邦中学の合格体験記にも書かれていますが、公立中学に行くことが当たり前だった日本において、今首都圏、関西圏では私立中学や公立の中高一貫教育校へ受験するというご家庭が多くなっています。これらの地域にはたくさんの私立中学など中学受験実施校が多くなっており、お子さんの将来を見据えより質の高い教育を求めて私立中学等への受験を考慮される保護者が少なくないのです。

首都圏で中学受験が盛んな地域では、小学校高学年になるとほとんどのお子さんが塾に通い始め、クラスの多くが中学受験を目指し勉強し始めます。中には、低学年で中学受験の進学塾に通い、他のお子さんとの遊びの時間も削り、中学受験に備えて準備を怠らないご家庭もあるくらいです。

塾に行くことが必須といわれる中学受験では、難関校と呼ばれる学校を目指すお子さんほど、進学塾利用が多くなります。進学塾では難関校合格実績が高く指導力のある講師が在籍し、しかも大手進学塾の情報網を活かし中学受験の出題傾向をいち早くつかむなど、手を尽くした指導が行われています。そのため、超難関校に合格するには知名度の高い進学塾に行くことが近道ともいわれているのです。

ただどのお子さんでも進学塾に通えば合格できるという事はありません。合格は絶対ではないけれど、お子さんにあった塾を選択する事で、中学受験合格をぐっと近くに手繰り寄せる事も可能なのです。

当サイトは中学受験という事をポイントに、進学塾など様々な塾にスポットを当てました。そこから見えてくる塾の特徴を、中学受験を考慮されているご家庭に活かしていただきたいのです。当サイトを中学受験を目指すために利用したい塾選びに利用していただけたら幸いです。