お子さんの性格掴んでいます?

うちの子に限って・・なんて言葉をよく聞きますが、案外お子さんの性格を理解されていない保護者が多いです。内弁慶のお子さんは家庭で元気よくうるさいくらいによくしゃべるといいます。あまり学校に関心がなく授業参観も仕事で行く機会がなかった保護者が、ある時暇を見つけて授業参観に行った、すると、小さく委縮し他のお友達ともほとんど話をしない子供を見てびっくりしたという話を聞いたことがあります。

勉強がうまくいっていなくても、お友達との関係性が良くなくても、親に隠すのが子供です。小学校低学年の児童は学校であったことなどを保護者に話す機会が多いといいますが、中には、保護者の前ではマイナスイメージになる話をしないというお子さんもいます。心配をかけたくない、問題のある子にみられたくないという気持ちがあるようです。

小学校高学年ともなると余計に「親にだから言えない」事がたくさん出てきます。それが子供です。親にたくさん話をするお子さんでも、隠している気持ちがあるかもしれません。お子さんを家庭以外の部分でもよく観察し、親に見せない顔をよく理解し、塾選びを考える方が安心です。またもちろん、お子さんにも見学や入塾体験を通し、塾についての理解を深めておくこと、意見を聞くことを忘れないようにしましょう。