個別指導型塾は増えている

個別指導型塾のコマーシャルなど見かけたことがある人も多いでしょう。中学受験では個別指導よりも集団学習塾の方が利点も多いといわれますが、入塾したお子さんの性格や学力を読み取り、講師がお子さんに対し個別の学習プログラムを組むため、個人個人にあったきめ細かい学習ができるという利点があります。

集団指導の塾では、講師との距離があり指導を受けているとはいっても質問しにくい、相談しにくいなどコミュニケーションがとりにくいといわれています。個別指導塾では講師が少人数への指導を行うため、講師との距離が近く講師も子供の事を理解しやすいですし、子供は講師に親近感を持ち勉強を頑張る事ができます。

ただ、集団型のように競争がある、ライバルがいるという事もないので成績が伸びにくい、中学受験のように難しい問題にたどり着くまでが大変、という事があります。

消極的な性格のお子さんや集団の中で萎縮しやすいお子さんにとって、個別指導塾は非常にいい指導となりますし、苦手科目の克服、基礎学力の向上などに利用するご家庭も多いです。考えようで色々な利用の仕方ができるため、お子さんの性格や学力をよく把握し、どの塾がお子さんに向いているのか考えていきましょう。