周りの目が気になる子

誰でも人の目というのは気になりますが、中には人一倍人目を気にしてしまう人がいます。お子さんにもそういう性格の違いがあり、全く人目を気にせずマイペースで行動できる子と人目が気になって仕方なく、気が散って勉強できないというお子さんもいます。

周りの目が気になるお子さんは、集団型指導に不向きといわれていますが、試験という事を考えると少し離れておく必要があると感じます。中学受験は大勢の人がいる中行います。塾などに関しては個別指導や家庭教師などを選択する事ができますが、試験は1人で受けることはできず、大勢の中で試験を受けることになるので、少しずつでいいので集団の中にいてもいつもの自分でいられるように訓練しておくべきでしょう。

普段の指導は個別指導や家庭教師を選択し、夏季講習や冬季講習、また模試などについては集団の中で受ける訓練として参加するという事でもいいと思いますし、 そのほか、塾の行事など以外でも、少しずつ集団の中で緊張しないようにしていく練習をしていくといいでしょう。

中学、高校と少しずつ精神的にも大人になっていろいろな事ができるようになると思いますが、中学受験という大切な日に公開する事のないよう、保護者も、集団の中に少しでもなれる事ができるよう、イベントなどの情報を集めてみるといいでしょう。