自学との連携が濃い塾

御三家、超難関校まで行かずともある程度のレベルを持った難関校、中堅クラスの学校を目指すという時利用したい塾が、家庭学習と塾の授業が密接に結びつき、カリキュラムの内容を保護者も理解しやすい進学塾がベストでしょう。

進学塾にもさまざまなカリキュラムを組む塾がありますが、中堅クラスの学校を志望するお子さんが通いやすいある進学塾では、「予習ありき」で授業を行い、予習を行ってきたことで授業内容がしっかり理解でき、それを徹底するために家庭学習で復習を行うという学習リズムを付ける指導内容が人気となっています。

お子さんの生活の中に勉強する時間を設ける、組み込むというのは、高学年近くなるほど難しくお子さんも受け入れにくくなるのですが、この塾ではそのリズムをまず作る事が基本とし、予習→授業→家庭学習での復習という図式をしっかり持ったカリキュラムが組まれています。

保護者がある程度介入する事も求めているため、授業参観や見学はいつでもOKですし、面談も随時可能というフォロー体制が整っています。1科目専任制のカリキュラムなので子供も受け入れやすく、専門講師の指導にも定評があります。

どのくらい成績を伸ばせるか、どのくらいのレベルの学校を目指せるか、お子さんの学力に応じ、塾の指導内容を確認しながら塾選びをすることが必須です。