家庭学習こそ塾を活かすポイント

超難関校、御三家と呼ばれるような学校の合格率が高い、実績がある、人気講師が在籍しているという塾、また幅広い偏差値に対応できる柔軟性の高い塾、中堅クラスの中学にチャレンジするお子さん向けで、子供、保護者へのフォロー体制が実に整っている塾、中学受験に特化した塾といっても、たくさんの塾がある事がわかります。

これらの塾の中で共通していることがあります。それは、いずれの塾も家庭学習が絶対に必要とうたっていることです。超難関校レベルのお子さんを預かる進学塾では、宿題がたくさん出されますが、家庭の中で今日指導された単元をしっかり身に着ける自学をしてほしいと考えています。単元ごと内容理解が徹底されていれば、週テストの結果、定期テストの結果、さらに模試の結果にも反映されてくるはずです。

他の塾も宿題によって自宅で学習するリズムを付けるなど、家庭学習の重要性を保護者に伝えています。保護者会などでは家庭で学習する癖をつけるため、なにが必要なのかを伝える塾もありますし、お子さんが勉強に没頭できるよう、受験に必要な事務的処理などが円滑に進みお子さんにそういった部分での心配をかけないように保護者がしっかり対応していきましょう。