先生と親の連携

塾に入れたから中学受験は安心、しっかり勉強してくれているだろう、という事では今の塾に対応できません。現代、進学塾と呼ばれる塾の多くは、家庭学習あってこその塾の指導と考えていますので、塾に入れたからこそお子さん、塾と深くかかわっていく事が必要となります。

お子さんが安定した心で勉強できるようにフォローしていくのは塾、また家庭の仕事です。塾では家庭との連携を整え、保護者がお子さんの学力や家庭学習の仕方について悩みがあれば、常に個別面談を行うなど準備が整っているところが多くなっています。

以前集団型指導塾は保護者との関係性が希薄で、相談などもできず講師に会う事もままならないといったことがいわれていましたが、今の塾はそういったことはなく、保護者とお子さんへのフォロー体制がしっかり整っているところが多いのです。

ただ中にはお子さんへの指導がしっかりしていても保護者へのフォローが全くないという塾もありますし、家庭と塾が全く別の世界となってしまっている塾もあります。少子化の中多くの塾が指導の質の向上、フォロー体制のきめ細やかさを確立しているのですから、お子さんに対しても、保護者に対しても親身になってくれる塾を選択すべきでしょう。