不安要素は取り除く

中学受験に挑むということ自体不安な事です。お子さんが小さい頃から将来を見据え、小学校受験や中学受験などを早くから考えてきたご家庭なら、進学塾についても熟知されているので、不安度は少ないかもしれません。でも小学校高学年になってから中学受験を考えはじめそこからスタートという事になると、保護者もお子さんも不安な面がいくつかあるでしょう。

中学受験では進学塾など、中学受験に対し専門性をもって指導してくれる塾に通う事が望ましいとされていますし、大手進学塾が持つ中学受験出題傾向などの情報は保護者、お子さんにとって非常に大きな味方となり、志望校決定の指針となる情報です。こうした情報をいち早く集め提供してくれる進学塾はやはり中学受験を目指す物にとって魅力が大きな塾でしょう。

もし塾の指導や方針について不安なことがあれば、塾の説明会や個別面談の時、スタッフ、講師に質問してみて下さい。ここで丁寧に説明してくれる塾なら不安要素もなくなります。質問している親に対し、そんなことは自分で調べておきなさいというような態度に出る講師、親身にならないスタッフなどがいる塾は、入塾の後後悔する要因ともなるので、避けておく方が無難です。