私立中学にかかる費用も把握が必要

公立中学は義務教育なので、受験などもなくそのまま進学できます。私立中学や公立の中高一貫教育校については、受験がありますので受験費用がかかる、また塾などの費用も掛かってきます。また保護者が気になるのはその後、入学してからどの程度の費用がかかるのかという点でしょう。

私立中学の学校教育費用を見てみると、授業料が45万円程度、学校納付金に26万円、通学費用等に13万、教科外活動費に5万円、修学旅行や遠足などの行事に6万円、学習教材、実習費用に5万円くらい総額で100万円近くかかります。これは1年の金額です。

公立中学はどうなのかというと、授業料はありません。通学費用に3万円、教科外活動費に3万位、学用品や実習教材費に3万円位、修学旅行や遠足で3万円位、学校納付金に2万円位と、多く見積もっても14万程度です。私立中学と公立中学の費用の差は、かなりのものと感じます。

私立中学を受験されるお子さんの多くが、第一志望、第二志望、併願、さらにお試し受験などを咥えてだいたい5校くらいの学校を受験されます。一般的に受験料は2万円から3万円位です。一番少なく見積もっても10万円位かかります。公立の中高一貫教育校では2,200円くらいです。私立中学では学校によって複数回受験は割引、2回目以降が無料となる学校もありますので、保護者はこうした中学受験後の費用面についても調査しておかないといけません。