いい中学受験をするために

塾選びに悩むのもお子さんの自宅学習に悩むのも、中学受験に合格させたいと強く願っているからです。保護者によっては中学受験そのもの、合格だけに目が向いてしまうことがありますが、そうではなく中学受験にチャレンジするお子さんがどのように成長していくか、その後が大切なのです。

志望校に合格するというのは容易なことではありません。中学受験を目指すお子さんの多くが、小学校5年生には進学塾に通い始め、少なくとも2年間受験勉強に励むわけです。小学校年代でも多感になっていく小学校5年生、6年生という大切な2年間を中学受験のために費やすのですから、お子さんにとって負担を負いながらの2年間です。

どんなに成績がいい子でも、どんなに頑張ったお子さんでも、志望校に合格できないこともあります。第一志望に合格できなくても、中学受験で頑張った数年間はお子さんにとってもご家庭にとっても、大きな宝、大きな経験となる事を忘れないでください。

お子さんは中学受験という大きな壁を乗り越えて、合格しようがしまいが成長しているのですから、お子さんのその心強い成長をご家族全員で喜んであげてください。合格を目指すのは当然、でも合格だけが全てではないという事を保護者が忘れないことが重要です。